ピンサロ 風俗バイトの注意点

ピンサロで働く前に知っておきたい基本サービスの内容と給料相場

更新日:

ピンサロはピンクサロンの略称です。店内はキャバクラのような作りになっており、フロア内の仕切られたボックス席で接客します。

ピンサロは店舗型の風俗店ですが、セクキャバなどと同様に飲食店の届出で営業しているために『シャワーがない』という特徴があります。そのため、おしぼりでペニスを拭いてフェラチオなどのサービスを行います。

他の業種と比べてピンサロは男性客の回転率が高く、接客時間は1人あたり10分~30分です。

ピンサロのサービス内容

ソファーやフラットシートで接客します。(フラットシートはマンガ喫茶にあるようなシートです)

シャワーがありませんから、おしぼりでお客さんのペニスを拭き、キス・手コキ・フェラチオがメインのサービスを行います。ピンサロではお口でキャッチする口内射精が基本サービスです。

お客さんが射精したらおしぼりで拭きます。

【流れ】

  1. お客さんが来るまでは待機室でひたすら待つ
  2. 来店したお客さんが女の子を決める
  3. スタッフの案内でお客さんの待つ席で対面
  4. 挨拶&雑談&キスなどのイチャイチャ
  5. お絞りでペニスを拭いて手コキやフェラチオをする
  6. お客さんが射精したらおしぼりできれいにする
  7. 名刺を渡してお別れ
  8. 待機室でお客さんを待つ

『マンツーマン』と『花びら回転』にわかれる

ピンサロには『花びら回転』と呼ばれるプレイがあります。プレイ中に何度か女の子が入れ替わるシステムのことで、30分で2人~3人の女の子が接客します。2回転なら2人の女の子が、3回転なら3人の女の子が接客します。

他の風俗店と同じように一対一で接客することは『マンツーマン方式』と呼びます。

ピンサロの給料

ピンサロの給料は時給制+歩合制-雑費です。

時給相場は2,500円~4,000円前後で、1人接客して+500円~2,000円程度がつきます。

フリー客なら+500円~1,000円、指名客なら+1,000円~+2,000円といったお店が多いですが、店によって異なるので要確認です。

雑費とはおしぼり代や飲み物代の事で、なぜか女の子の給料から引かれる謎の経費です。見せかけの時給を高くするために導入されるシステムです。雑費は1日で1,000円ほど取られます。

時給3,000円で8時間勤務をした場合、1日の給料は2万5千円~3万円程度になります。

ピンサロで働くのはデメリットが多い

ピンサロで働くのはデメリットが多いです。シャワーがないためにペニスをおしぼりで拭くだけですからとても不衛生です。

稼ぎも決して良くありません。客単価が安いのはもちろんのこと、時給制のために稼げる上限金額が他風俗と比べて低いです。人気店のナンバー嬢でも8時間勤務で4万円稼げればかなり良い方です。

そのため、ピンサロは風俗未経験の女の子を狙って求人を出しています。「ピンサロは風俗未経験の女の子に人気」なんて言う業界人がいますが、実際は風俗バイト経験のある女の子はピンサロで働かないだけなのです。

関連:ピンサロが風俗未経験者に人気ある理由

メリットは『不採用にならないこと』『収入が安定していること(ただし高くはない)』『男性スタッフがフロア内を歩いているから安心』という程度ですね。

おすすめの風俗求人サイト

ぴゅあじょ

駅や繫華街でよく見かける求人サイトです。 誇大表現のある広告や、実体のないダミー求人広告など、悪質な店舗を排除する取り組みに力を入れています。

Qプリ

関東圏の求人に特に強く、Qプリ保証や『今日お仕事したい!』機能など独自のキャンペーンを打ち出しています。 デリヘルやソープなどのメジャーな職種が充実しています。

Motto!スカウトパラダイス

ガラケー時代からあるスカウト求人サイトです。風俗店からの知名度が高く、全国のお店が掲載されています。

-ピンサロ, 風俗バイトの注意点

Copyright© 風俗求人かんたんスタートガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.