風俗バイトの注意点 風俗店の面接について

風俗バイトで面接後に不採用となる女の子の特徴

更新日:

風俗のアルバイトも、一般的なアルバイトと同様に不採用となることがあります。

風俗バイトは完全歩合制なので、お客さんを付けられなくても人件費がかかりません。時給で働いてもらう一般的なアルバイトと比べると、風俗店では女の子を採用するリスクは低いという特徴があります。

採用するリスクが低いにも関わらず、女の子を不採用とするのはなぜでしょうか?

風俗店が避けたい女の子の特徴

主に不採用となる原因は3つあります。

  1. 容姿が良いかどうか(ルックス・スタイル)
  2. 性格や雰囲気が良いかどうか(ヤル気・話し方など)
  3. お店のコンセプトとあっているかどうか

容姿が良いかどうか(ルックス・スタイル)

容姿さえ良ければ風俗で稼げるかといえばNGです。しかし、ルックスは良いに越したことはありません。お店側が求めるレベルに達していなければ不採用となってしまいます

また、太っている女性よりは健康的に痩せている女性の方が人気がでます。

こればかりは面接官の個人的な好みがありますので、重要なのは残りの2つです。

性格や雰囲気が良いかどうか

真心のこもったサービス

『女の子からヤル気を感じる』と言われたりします。

お客さんを満足させて帰ってもらうことが大切ですから、「ただヌけばいいでしょ」というような考えの女の子は不採用となってしまいます。

お店のコンセプトとあっているかどうか

お店のコンセプトと女の子自身が似通っているかも大切です。

女子校生コスプレのお店で30歳くらいの方が働くのは難しいです。18歳だとしても、見た目が大人っぽいのも良くありません。

ぽっちゃり専門の風俗店では、ぽっちゃりした女の子が求められます。

不採用が多いのは店舗型風俗店

ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店では、お店の部屋の数に限りがあります。全員を採用することは難しく、特に流行っている風俗店ほど採用基準は高くなります。

一方でデリバリーヘルスなどの無店舗型風俗店では、お客さんから注文が入るたびに近隣のラブホテルや自宅へと向かうため、無制限に採用しても大きなリスクとはなりません。

ソープやファッションヘルスよりも、デリヘルの方が採用基準は低い傾向あります。

高級店は事情が異なります

ここまではお客さんが支払う金額が60分2万円程度の一般的な風俗バイトの話です。

120分6万円以上の高級デリヘルや高級ソープでは、ある程度の経験が求められることがあります。

面接で不採用となったら

せっかく勇気をだして面接へ行ったけれど、残念ながら不採用になってしまった・・・。ショックは大きいかもしれませんが、あなた自身に魅力がない訳ではありません。

あなたのコンセプトにあったお店がありますから、面接の反省点をじっくりと思い起こして次につなげましょう。

支給お金が必要なときは

風俗店で働こうと思ったときは、お金が大至急で必要になっている場合が多いです。そんな時に面接で落ちたら焦ってしまいますよね。

そんな時は求人サイトの『ぴゅあじょのすぐ働きたいアピール』などを使って、1日体験入店をしましょう。

明日・明後日生きていくためのお金さえ手元に残せたら、急いで入店したお店にこだわらず、他のお店も見てみることをお勧めます。

私の個人的な考えですが、働きたいお店を一つだけに絞るのはなくいくつかの風俗店の面接へ行ってみた方が良いと思います。風俗店の店長や経営者と話をしておくことで、それがきっと後々の接客にも活きてくるからです。

おすすめの風俗求人サイト

ぴゅあじょ

駅や繫華街でよく見かける求人サイトです。 誇大表現のある広告や、実体のないダミー求人広告など、悪質な店舗を排除する取り組みに力を入れています。

Qプリ

関東圏の求人に特に強く、Qプリ保証や『今日お仕事したい!』機能など独自のキャンペーンを打ち出しています。 デリヘルやソープなどのメジャーな職種が充実しています。

365日マネー女子宣言

駅などで見かける求人サイトです。都市部を中心に知名度が高く、ソープ・箱ヘル・デリヘル・ピンサロなどが掲載されています。

-風俗バイトの注意点, 風俗店の面接について

Copyright© 風俗求人かんたんスタートガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.