風俗バイトの探し方 風俗バイトの注意点

これって本当?嘘の求人広告を見分ける方法

更新日:

残念ながら風俗業界には誇大広告・ダミー広告が溢れています。風俗店は少しでも女の子を面接へ呼ぶために、色々な求人広告の出し方をしているのです。

求人サイトには実際には存在しない架空の店舗の求人広告まで掲載されていることもあります。

今回は、こういった嘘の求人広告に騙されないための見分け方について解説します。

誇大広告を見分ける方法

あまりにも給料が高かったり、待遇が良すぎる広告は嘘です。

求人広告を見ていると、ちょくちょく日給保証や大20枚やら入店祝い金大50枚なんて文字が並んでいます

お客さんが払う金額が1時間2万円程度ですから、ちょっと考えれば一日でそんなに稼げるはずがないのは分かりますよね。でも、こういった待遇の良さに騙されている女の子が多いのが現実です。

バック率の相場

通常はお客さんが支払う金額の60%程度が女の子の取り分(バック)になります。

ただし、ネットや雑誌に顔出ししたり、元AV女優で店の集客に貢献できたり、常連客を抱えていて店の売上に貢献できる女の子なら70%程度まで上がる場合もあります。

※風俗業界では女の子の取り分をバックということが多いです

架空店舗のダミー広告を見分ける

オナクラやエステなどが架空の店舗名で求人広告を出すことがあります。当然そういった店は存在せず、実際はピンクサロンやデリヘルだったということです。

ガールズバーやキャバクラの求人を見て行ったらピンサロだったというトラブルも本当に良くあります。

なぜそんな広告を出すのでしょうか?

それは「脱がない・舐めない・触られない」で稼げるオナクラやエステで働きたいと思う女の子が多く『とりあえず面接へ呼んでからなんとかする』という方法で求人を行っているのです。

何も知らずにやってきた女の子に対し、デリヘルの方が稼げるからと誘導したり、脅迫に近いような方法で働かせる悪質なお店が存在します。

架空の店舗を見分ける方法

架空店舗を見分けるためには、googleで検索してお店の情報を調べるのが一番です。

実際にホームページが存在しているか、爆サイや2ちゃんねる、ツイッターなどで口コミをチェックしてみましょう。ホームページがあった場合でも、大抵の場合は更新されていません。特に『新着情報』が毎日変わっていなければかなり怪しいです。

おわりに

嘘の求人広告を見て働きに行くと本当に悲惨なことになります。まともな店ならしたくなくても良いことをしなければいけませんし、面接で断るのだって大変です。

嘘の求人広告に当たる確率を下げるためにも、気になっているお店があったらきっちり調べてみてください。

当サイトで紹介している求人サイトは、きちんと警察への届け出を出した店のみを掲載しています。お店側に本名やメアドを伝えることなく問い合わせができますから、利用してみてはいかがでしょうか?

もちろん全て無料で利用することができます。

おすすめの風俗求人サイト

ぴゅあじょ

駅や繫華街でよく見かける求人サイトです。 誇大表現のある広告や、実体のないダミー求人広告など、悪質な店舗を排除する取り組みに力を入れています。

Qプリ

関東圏の求人に特に強く、Qプリ保証や『今日お仕事したい!』機能など独自のキャンペーンを打ち出しています。 デリヘルやソープなどのメジャーな職種が充実しています。

365日マネー女子宣言

駅などで見かける求人サイトです。都市部を中心に知名度が高く、ソープ・箱ヘル・デリヘル・ピンサロなどが掲載されています。

-風俗バイトの探し方, 風俗バイトの注意点

Copyright© 風俗求人かんたんスタートガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.